2006年09月07日

SPARTAN-3E開発の目標

さて、ひととおり、基礎をマスターしたところで、最終目標を設定したいと思います。
ずばり、

「RTPパケットの送受信」

です!
・・・やっと、この話の本題に突入しました。
なぜ、VoIP屋の私が、FPGAなぞをやってきたかといえば、まさにこのためで、VoIPの処理で非常に高負荷となるメディアパケットをハードウェア処理させたいがためのFPGAなのです。
特に、最先端のFPGAでは、数クロックですべての回路を書き換えられるという製品が出始めているらしく、これを用いれば、アプリケーションごとにFPGAの内容を書き換えるなんてことも可能になります。もし、そうなれば、PCにもコプロセッサとしてFPGAが搭載される可能性もあるわけです。
というところを、夢に見つつ、FPGAをやっている次第であります。(それに、ハードウェア周りは、おもしろいですから。)



さて、上記の目的を果たすために、やらなければならないことは、下記のことと思われます。

・LDCの表示

・キーボードの操作

・NICドライバの作成

・IPStackの作成

・UDPStackの作成

・RTPStackの作成

・・・・・・先は長いです、長すぎです。
しかし、光明もあったりします。実は、これをやるのによいサンプル(というか、ほぼそのもの)を、毎度おなじみすすたわりさんが作成しておられるのです!その名もSUSUBOX!!!ということで、これを利用して、いきたいと考えております。(ただ、Verilog-HDL版は、ないかも。。。)

本当なら、

・音声コーデック

・映像コーデック

も、実装したいところなのですが、こちらは、次の目標というところで。



これからは、非常に重量級の話になってくるので、更新頻度は落ちると思いますが、ちまちまと進めていく予定ですので、よろしくお願いします。

Creative Commons License
This weblog is licensed under a Creative Commons License.